2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.07.07 (Mon)

[Q日] 日本文学検定【○×】

問題文 正解
小説『暗夜行路』を書いた明治の作家は志賀直哉である
これまでにノーベル文学賞を受賞した日本人の作家は川端康成だけである ×
夏目漱石の小説『吾輩は猫である』の主人公の猫に名前はない
ドイツを舞台にした小説『舞姫』を書いた明治の文豪・森鴎外はドイツに1度も行ったことがない ×
永井荷風の小説『腕くらべ』は腕相撲を題材にした小説である ×
森鴎外の小説『舞姫』は日本舞踊の名人を主人公にした小説である ×
『蜘蛛の糸』『羅生門』などの小説を書いた作家・芥川龍之介は自殺でこの世を去った
明治の作家・夏目漱石が務めていた新聞社は朝日新聞である
小説『或る女』を書いた作家の有島武郎はその後小説『或る男』を書いた ×
小説『金色夜叉』を書いた明治の作家は尾崎紅葉である
小説『金閣寺』『潮騒』を書いた作家は三島由紀夫である
小説『姿三四郎』の作者は夏目漱石である ×
明治の作家・夏目漱石が務めていた新聞社は毎日新聞である ×
太宰治の小説『惜別』で描かれている中国の人物は孫文である ×
三島由紀夫の小説『金閣寺』で主人公の溝口は金閣寺を燃やした後に自殺する ×
夏目漱石のデビュー作『吾輩は猫である』が連載された雑誌は「白樺」である ×
夏目漱石の小説『坊っちゃん』で坊っちゃんが教師を辞めた後に就職したのは印刷会社である ×
作家の瀬戸内晴美が出家する際に「寂聴」の法名を命名した作家は今日出海である ×
『不連続殺人事件』『堕落論』などの代表作がある作家は高見順である ×
小説『吾輩は猫である』を描いた明治の作家は夏目漱石である
実際にあった放火事件を元に書かれた三島由紀夫の代表作は『金閣寺』である
小説『金色夜叉』を書いた明治の作家は志賀直哉である ×
小説『暗夜行路』を書いた明治の作家は尾崎紅葉である ×
尾崎紅葉の小説『金色夜叉』は作者の死により未完に終わった
尾崎士郎の小説『人生劇場』主人公は伊吹信介である ×
『源氏物語』と『枕草子』は平安時代の文学作品である
夏目漱石の小説『坊っちゃん』に主人公・坊っちゃんの本名は書かれていない
小説『太郎物語』を書いた作家曽野綾子の長男の名前は太郎である
開高健の小説『輝ける闇』で描かれている戦争は朝鮮戦争である ×
作家・井伏鱒二の小説『山椒魚』の元々の題名は『幽閉』である
『不連続殺人事件』『堕落論』などの代表作がある作家は坂口安吾である
小説『姿三四郎』の作者は富田常雄である
三島由紀夫の短編小説『剣』は剣道部を描いた作品である
直木賞と芥川賞で主に純文学を対象とするのは芥川賞の方である
「智に働けば角が立つ」という一節が登場する夏目漱石の小説は『三四郎』である ×
「三島由紀夫」というペンネームが初めて使われた小説は『岬にての物語』である ×
作家の瀬戸内晴美が出家する際に「寂聴」の法名を命名した作家は今東光である
五木寛之の小説『青春の門』の主人公は息吹信介である
小説『高野聖』で有名な作家・泉鏡花の本名は泉鏡太郎である
有吉佐和子のベストセラー小説『華岡青洲の妻』に登場する華岡青洲の妻の名前は多恵である ×
小説『坊っちゃん』でマドンナの元婚約者はうらなりである
夏目漱石の小説『三四郎』で主人公・三四郎の名字は小川である
井伏鱒二の小説『山椒魚』で岩屋に閉じ込められた生物は山椒魚と蛙である
作家・宮沢賢治の出身は岩手県盛岡市である ×
2012年に発見され話題となった作家・安部公房の未発表だった短編小説のタイトルは『悪魔』である ×
夏目漱石のデビュー作『吾輩は猫である』が連載された雑誌は「ホトトギス」である
富田常雄の小説『姿三四郎』は柔道の世界を描いた物語である
太宰治の小説『ヴィヨンの妻』で主人公の夫・大谷の職業は教師である ×
芥川賞が発表されたあとにその受賞作が全文掲載される雑誌は「オール讀物」である ×
小説『羅生門』『蜘蛛の糸』で知られる日本の作家は芥川龍之介である
作家・曽野綾子の代表作は『太郎物語』である
田山花袋の小説『蒲団』は蒲団屋が舞台となっている ×
北杜夫の小説『楡家の人びと』で楡家の主人・楡喜一郎が経営するのは自動車会社である ×
三島由紀夫の小説『永すぎた春』で主人公の男女は最後に破局する ×
井伏鱒二の小説『山椒魚』で岩屋に閉じ込められた生物は山椒魚と亀である ×
直木賞と芥川賞で主に大衆文学を対象とするのは直木賞の方である
小説『走れメロス』『人間失格』を書いた作家は太宰治である
芥川賞が発表されたあとにその受賞作が全文掲載される雑誌は「文藝春秋」である
1979年頃に「夕暮族」という流行語を生んだ吉行淳之介の小説は『夕暮まで』である
小豆島を舞台にした小説『二十四の瞳』で有名な作家 壺井栄は小豆島出身である
中島敦の小説『李陵』で舞台となっている中国の王朝は秦である ×
1955年に、邱永漢が外国人として初めて受賞した文学賞は直木賞である
源氏物語を書いたのは紫式部である
夏目漱石の小説『吾輩は猫である』の主人公の猫はオスである
小説『田園の憂鬱』を書いた作家の佐藤春夫はその後小説『都会の憂鬱』も書いている
芥川賞の最年少受賞記録・19歳を保持する女流作家は金原ひとみである ×
直木賞と芥川賞で主に大衆文学を対象とするのは芥川賞の方である ×
志賀直哉の小説『和解』で主人公が和解する人物は父親である
小説『金閣寺』『潮騒』を書いた作家は太宰治である ×
芥川賞の最年少受賞記録・19歳を保持する女流作家は綿矢りさである
『小倉百人一首』に選ばれている季節を詠った和歌のうち最も多いのは秋の歌
『小倉百人一首』に選ばれている季節を詠った和歌のうち最も多いのは夏の歌 ×
山本周五郎の小説『青べか物語』の舞台となっている千葉県の市は浦安市である


次のうち島崎藤村の有名な詩『初恋』に登場する果物はどっち?
[果物の写真]
140720apple
A.リンゴ
B.レモン
A.リンゴ
01:01  |  日本文学検定問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://meimoukinase.blog.fc2.com/tb.php/55-2f6fabe7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |