2015年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.28 (Sat)

[口] 6文字以上縛りカンペ開発テスト

▼カンペ試作品(クリックで元画像)
20150228カンペ

・6文字以上縛りプレイ用
・目押し力アップを狙えるもの
・派生でまとめて覚えられるもの

という方針で、僕が分かる範囲のワードを適当に30行ぶん書いてみただけ。
主にOpenOfficeのデフォルトカラー(Excelの何倍も優秀)で、数字を色で何となく認識できるよう色付けの組み合わせを作って、「複数条件付き書式」(4つ以上扱える)プラグインで数値入力したら自動で色も付くように。
番長メモQOLが上がっていく。

20120228色遣い
スポンサーサイト
21:17  |  口先番長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.25 (Wed)

[曲] 残念!タイムオーバー!!

▼残念!タイムオーバー!!


徹夜明けにDominoで適当に作ったクソ曲です。こんなもののために4時間費やしてしまった。
問題:何種類の楽器が使われているでしょうか。

20150225スネ夫首振り
12:06  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.17 (Tue)

[曲] オタマトーン芸・初級編~上級編

昨日は筑波大現視研音班のメンバーで関東学生DTMer合同討論会に行ってきました!東゛京゛のDTMerはよっぱら強えな!おらがた田舎モンには刺激が強すぎたぁ~。
そういうわけでモチベーションがガッツリ上がり、インスピレーションを得た結果がこちらです。


※動画にカーソルを重ねて、スピーカーのマークをクリックすると音が出ます。

▼マックでポテトが揚がる音(オタマトーン芸・初級編)


▼ドップラー効果(オタマトーン芸・中級編)


▼スネ夫の泣き真似(オタマトーン芸・上級編)




▼おまけ:復活!!オタマトーン!!
23:28  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.12 (Thu)

[ル] 優秀な100均キューブで31秒45

▼優秀な100均キューブで31秒45 - YouTube


100均で見た目の良いルービックキューブもどきを発見。やや小振りなこの「6面パズル」を買ったら、かなり高品質でビックリ。

▼よくある模倣ルービックキューブ。でもこいつがスゴイ。
20150212cube

よく100均で見かける、表面がのっぺりしたキューブではなく、一つ一つのピースに独立感がある見た目がまず良い感じ。ピースどうしが結構ゆるめに組み合わさっているようで、スルスルと快適に回ります。指一本で弾いてちゃんと回るのは、100円キューブの中では本当に貴重。やっぱりそこそこ引っかかることはありますが、スピードキューバーでなければ十分納得の品質だと思います(僕の周りにルービックキューブ布教したい……)

▼タイム計測しました。アベレージ44秒91
20150212time

この「6面パズル」でタイム計測してみました。そこそこのタイムが出ます。
白を上、緑を手前にすると、右が橙、奥が青、左が赤、底が黄、と公式のルービックキューブとはだいぶ配色が違います。そのせいで混乱するのと、今日は頭があまり回ってないせいで後半事故りまくりました。

【ルービックキューブ布教コーナー】
ルービックキューブは覚えゲーです。
少なくとも、目隠し部門や最小手順計算部門など、特殊なことを求めなければ、簡単ないくつかの手順を覚えるだけで解けます。
最も一般的な方法では、上段→中段→下段、と1段ずつ揃えていく見た目にも分かりやすい解法がまとまっています。
段ごとのピースの状況に応じた数通りの手法(手順)を、場面ごとに繰り返し使っていくことで、誰にでも解けます。1時間あれば必ず解くための最低限の手法は覚えられます。
一度覚えれば誰にでも自分の「特技」として言えるルービックキューブ、始めてみませんか?

参考:ルービックキューブ攻略法
16:13  |  ルービックキューブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.11 (Wed)

[曲] kinaphar 2012-2014 ベスト盤



僕(kinaphar)が作った曲をまとめました。アマチュア全開なのであしからず。
2012年……5曲(うち4曲を収録)
2013年……3曲(うち2曲を収録)
2014年……26曲(うち9曲を収録)
2015年……1曲
という作曲ライフを送ってきました。去年は音楽班が本当に盛り上がって、人生史上最高に楽しい1年でした。今年は自立を目指して堅実に生きたい。

【お品書き】
01. 戦神 (54秒)
02. Banquet! (1分22秒)
03. pwa-beat (36秒)
04. 粉とクリームCM (15秒)
05. アンチキ・アドベンチャー (51秒)
06. JRつくば駅8番線発車メロディ (10秒)
07. binary sky (1分54秒)
08. 被告人の腸内環境 (10秒)
09. ニワトリノシ (1分29秒)
10. To Limbo (59秒)
11. empty room (32秒)
12. 実験音楽 - 終末のフラクタル・スノー (40秒)
13. 憾 (26秒)
14. 徘徊ペダルの孤独 (9分33秒)
15. かりそめのそら (2分00秒)




■01. 00:00 戦神 (54秒)
└2014年12月 Cubase、和楽器VST色々
一番のお気に入り。「センター試験頑張ろう」というセルフ激励曲。結果はお察し。

■02. 00:54 Banquet! (1分22秒)
└2014年2月 Domino
元・一番のお気に入り。BACCANO!のOP「Gun's & Roses」に影響を受けまくってる一曲。

■03. 02:16 pwa-beat (36秒)
└2014年10月 Cubase、Media Bay + オタマトーン
手抜き楽曲にオタマトーンの音色をぶち込みました。これぞインスタント作曲。

■04. 02:52 粉とクリームCM (15秒)
└2014年6月 Cubase、HALion Sonic SEの色々 + 初音ミク
初めてミクさんを使用、その後1度しか使ってない(かわいそう)。勝手にCMを標榜。

■05. 03:08 アンチキ・アドベンチャー (51秒)
└2014年10月 電子ピアノ、自声
マジキチ。

■06. 04:00 JRつくば駅8番線発車メロディ (10秒)
└2012年6月 Domino
人生初のDTM。そんな駅は無い。これをサークルに持参したら先輩方が評価の仕方に困ってた。

■07. 04:10 binary sky (1分54秒)
└2012年10月 Domino
ピロピロ。サークル〆切前日から10時間くらいで錬成。色々やりたいことを詰め込んでてまとまりがない。

■08. 06:04 被告人の腸内環境 (10秒)
└2014年10月 Domino
文化祭を前にして作曲意欲がゼロになったときのヤケクソ感が全面に出ている。タイトル好き。

■09. 06:15 ニワトリノシ (1分29秒)
└2012年6月 Domino
食用ニワトリの走馬灯。主に後半の尺稼ぎが理由で僕はこの曲嫌いだけど、周囲の反応はそこそこ。

■10. 07:44 To Limbo (59秒)
└2013年6月 Domino
〆切当日に3時間くらいで作った手抜き。Dominoのオートメーションっぽい欄を色々いじった。

■11. 08:42 empty room (32秒)
└2014年10月 Domino
文化祭前逃避曲その2。スネアにたっぷりリバーブかけたかったけど、僕のDomino環境では無理でした。

■12. 09:14 実験音楽 - 終末のフラクタル・スノー (40秒)
└2012年12月 Domino
6時間くらいフラクタル図形を重ねまくった手抜き。その話は、長くなるから、こ↑こ↓を見てくれ!(外山)

■13. 09:55 憾 (26秒)
└2014年10月 Domino
逃避その3。憾と書いて「うらみ」=「物足りなくて心残りを強く感じる」。渦巻く負の感情がナイスに表現できています。

■14. 10:21 徘徊ペダルの孤独 (9分33秒)
└2013年10月 電子ピアノ
〆切当日の未明、部屋でピアノをデタラメに叩く近所迷惑な手抜き。良い即興演奏を得るまで20テイク録った。

■15. 19:52 かりそめのそら (2分00秒)
└2014年8月 Cubase、Magical 8bit Plug
特に提出先もないのに自主的に作った初めての曲。君は変拍子に気づけるか。詳しくはこ↑こ↓
19:35  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.10 (Tue)

[曲] パセリへ「返想」



これはパセリへの餞別にと作った曲で、同時に僕自信の前向きな決意表明でもある。

たぶんこの曲も文章も決して伝わらない隔たりの向こうにいると思うのだけれど、その壁を越える不思議なことが世の中にある可能性を「1割」くらいは信じて生きても良いかな、と日頃から思っている。
ひとつはその可能性に賭けて、大学とtwitterの次くらいに僕とパセリを近くに繋いでくれそうなこのブログで、伝えたいことをまとめて報告しつつ僕の気持ちの区切りとしたい。
同時に、ここを見に来るくらいには僕に近しい人に、僕自身の決意のようなものを知ってもらい、その中で生きていきたい思いもあって、こうして文章として公開することにした。

これを読んで初めて事情を察した人は、あまり詮索せずにそっと心の内に留めてほしい。もし何か事の痕跡のようなものを見つけることがあっても、無闇に拡散するのは止めてほしい。わざわざ僕と関わってくれるような人は、皆優しくて分別がある人だと思うので大丈夫だと信じているし、だからこそこうして発信できているのだけど。

▼作曲画面
返想Cubase画面.png



この曲を作るに当たって盛り込んだ曲です。分かりやすく使われているから意識して聞けばすぐに分かると思う。

▼kinaphar(僕):徘徊ペダルの孤独


▼Crispum(パセリ):追想


▼Crispum(パセリ):締切りに間に合わなかった時に脳内で流れる曲




「絶対音楽」だけでメッセージを的確に伝えられるほどの表現力が無いので、野暮かもしれないが僕がこの曲に込めた考えを記しておこうと思う。パセリも読めるならぜひ一度読んでほしい。

長くなるので簡単に言うと。
僕に楽しい思い出を色々作ってくれた君が、あんまり駆け足で最期を迎えたのが惜しくてならないけれど、君の価値観の一側面を最大限に尊敬する一人として、あえて君とは逆の結論の方向へ進んでいきます。
とだいたいそういう考えを込めています。



【0:00~0:16】日曜の朝に君に挨拶に行けることになったので、手ぶらで行く気になれずに急遽、土曜の夜から徹夜して作りました。存分に感謝したまえ。大方出来る事を終えて、君が最後の頼みを託した彼の家に泊めてもらいつつ、一段落した気持ちで作曲を始めた。やっと少し落ち着いたので改めて僕なりに色々考え、君のフリーハンド作曲を真似ながら君に何を言おうかまとめてました。そのときの、やはり寂しい気持ちが表れたのがこのイントロです。時間がなくてベロシティおじさん出来なかったのが残念。

【0:16~0:21】どうしても沈んだ気持ちだったからか、君の「締切りに間に合わなかった時に脳内で流れる曲」をふと思い出したので、それっぽいフレーズを挟みました。あれは手短な曲だけどタイトル芸とピアノ調整の技が光っててなかなか好きでした。ちょっとアレンジさせてもらったよ。

【0:21~0:26】まずは楽しかったことを思い出すことにしました。一生忘れることのない重大な出来事を、僕なりにベストな受け止め方で捉えるために、最初はそこかなと。

【0:26~0:42】僕が作った曲のうち、君が最初に本心から評価してくれた「徘徊ペダルの孤独」(今見ると酷いタイトルだ)を長調アレンジして使いました。あれが結構その後の僕の作曲モチベーションに繋がったよ。心が毛羽立って崩壊寸前(何度か崩壊済みな気もするが)だった僕にとって、この大学の暖かい雰囲気は最高の癒やしとなった。やはり僕はここでも孤独な人間ではあったけど、折々で何か今までにない幸せな時間を感じてもいた。

【0:42~0:54】それは特にパセリのおかげによるところが大きかったと思う。この辺りで上の方で鳴ってるのは君の「追想」を長調にしてリズムを変えたものです。僕の方は誰にも心を開ききらずにいたけど、君が色々と構ってくれたおかげで色々やってみる意欲が湧きました。共同で曲を作ったり、あんなに楽しい合宿を計画して思い切り満喫したり、大学の思い出の中でもとくにかけがえの無いものがいくつも出来ました。その感謝をできれば別の形で返したかったけど、とりあえず本当にありがとうと言わせて下さい。

【0:54~0:58】やがて僕は大学を休むことになり、同級生とは距離を置くことになったけど、あの頃すでに君は、自分が未来に選ぶことになる選択肢に思い至っていたのだろうか。

【0:58~1:13】今や想像することしか出来ないけれど、君はどんな想いを募らせて日々を過ごしていたんだろうか。ここは「追想」が少しずつ形となって表れる場面にしました。少なくとも将来に対して漠然と不安を抱いている様子や、苦しみのない結末に興味を抱いているような気配は感じ取っていたのに、僕は積極的に何をすることもなかったね。もし一人で苦悩を抱えていたのなら、僕や周りの良い友人に何か話して欲しかったし、君が自然と相談したくなるような存在になれなかったのが悔しくもあります。

【1:13~1:24】決断をしてからの君は、あまりにも急いで駆け抜けていってしまった。君のような善良で賢い人間には早すぎるとしか思えないけれど、それを言う隙も見せてはくれなかったね。ここでは「追想」の原型をほぼそのまま含めている。実はこの曲は全体を通して人間の両手で弾けるよう配置を工夫したけれど、ここだけは技術的に複雑すぎて実際弾けたものではないかもしれない。それだけ、周囲にとって考えられない「急ぎ方」だったと思うけれど、君は君以外の誰のものでもない考えを明確に形にしながら、幸せにだったみたいだね。VIm→III→V・III→VIm→IVの進行、VIm→III→V→II→IV、と下降させたほうがいいんじゃない?と思ってたし今回も思ったけど、ここは君の考えに手をつけずに尊重しておきたいのでそのままにしました。そのくせ後から文章で文句をつけるんだけどね。

【1:24~1:30】君の突然すぎる旅立ちに、誰もが一瞬何も考えられなくなったと思うし、僕も暫く実感が湧いていなかったと思う。君と仲良く関わっていた人たちと、沈黙だけが重く漂う時間を何度か過ごしたけれど、その沈黙の中に誰もが君を大切に思っていた気持ちが滲み出ているのを明確に感じた。君は最後まで本当に幸せ者だったと思う。

【1:30~1:45】元々が孤独な人間だった僕だけど、これだけ喪失感を伴い、またそれによって湧き上がってくる寂寥とした気持ちは初めてでした。「徘徊ペダルの孤独」を、原曲にない濁りを混ぜながら使って、手の届かないようなところで「追想」の断片を鳴らしました。

【1:45~1:53】もっと君と話したいことが尽きないほど沢山あったし、君からのクソリプが永遠に来ないtwitterは今までの1割ほどの意味も成さない場所に見えました。でも、同じような気持ちだっただろう君の友人達がいくら君に何かを伝えたくても、届かないことを知りながら物を手向けるしか出来ないのを見てようやく、君が測り得る距離のもとには居ないという実感が湧きました。

【1:53~1:55】君という人間を最大限に尊敬し、大切に忘れないようにするからこそ、僕は君の選んだ道と反対へ駆け出すことにしました。

【1:55~2:06】後で詳しく書きますが、君とは比ぶべくもなく醜い体たらくで僕が選び取ろうとしていた選択肢が、経緯はともかく君と同じものでした。しかし僕にはそれを選び取ることも出来ないのだと覚悟することになり、混迷していた僕の意思が一つにまとまりました。それは理性が下した結論に反する受け入れ難い(変拍子)答えで、僕が手放してしまった希望に向かって力強く進むしかないという、僕には一種絶望的でさえある結論です。

【2:06~2:31】「追想」のメロディーを、調のキー音を中心に上下反転させたものを元につくったパートです。君が主体的に思考を働かせて一つの結論に至ったこと、そしてそれを隙もなく実行してみせたこと、そこに見える君の力強い人間性の側面に関して言えば、僕は最大限に尊敬していると同時に、それがもたらした結論については今や絶対的に否定的な立場にいます。その結論を選んだ後の世界を、君が先だって僕の目の前に示したことで――これは断じて君の「おかげ」などという肯定的な言い方をしたい訳ではないけれど――、それを僕なりの最善の形で捉えようとする過程でそう考えました。

【2:31~2:40】そういうことで、人生の延長線上にあるかどうかも分からない「意義」に向かって、醜態を晒しながらでも僕は生きていきます。幸い、惨めな思いをすることにはすっかり慣れているので。この曲をもってひとまず君に対する僕の考えの結論とします。同時に、一生をかけてそれを形にするための心の礎として持ち続けていきます。
20:29  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。